HOME | KATOMOKUで使われる木

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

ホワイトアッシュ white ash


 科目ーモクセイ科トネリコ属の広葉樹
産地ーアメリカ全域に生育している。
色調ー辺材は白色、心材は灰色ぽかったり黄色っぽい感じまでいろいろ。
性質ー適度に堅く、耐久力に富むので加工もしやすい。
用途ー野球のバット素材としてよく使われる。一言ー日本でいう「タモ」みたいな感じ。木に詳しい方からすれば「違う!」と言われてしまいます。(導管の入り方が違います)
加藤からの一言ーアメリカの山の70%はこの木だと聞いたことがある。アメリカ人には、あまり人気がないよう、でも日本人は、こういう木目のはっきりした木が好きだと信じている。なのでKATOMOKU商品に採用。

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

ウォールナット Walnut


 科目ークルミ科 Juglans 属 の落葉広葉樹。
産地ーアメリカ五大湖周辺のものが、KATOMOKUではよく使われる。
色調ー心辺材の区分は明瞭。辺材は乳白色から灰紫色、心材は紫色を帯びた薄褐色から濃褐色。つまり、白太と赤身がはっきりしていて迷惑な木である。
性質ー木質はやや重硬で、狂いが少ないので、ありがたい。
用途ーやっぱり高級家具材、フローリング材に使われるイメージ。
加藤からの一言ー日本でいう「オニグルミ」。まとめると、人気のある高給取りなスーパースター的存在。

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

ヨーロピアンビーチ European Beech


科目ーブナ科の広葉樹。
産地ーKATOMOKUはクロアチア産が多い。
色調ー辺心材の差は不明瞭で、淡いピンク色を帯びた乳白色。材面に放射組織の小さな斑点が現われるのが特徴。
性質ー材質は重硬のため綺麗に仕上がる。しかし、変形が激しい。
用途ー木製玩具。
加藤からの一言ー日本でいうぶな。もともと変形の激しさから、日本では家具などの需要がないため、安価だっとこの材料。最近(2017年現在)、日本の家具産地も、安価ということに目をつけ、使い出したため、需要が増えれば、木材価格も上がるので、困っています。

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

バスウッド Basswood


科目ーシナノキ科の広葉樹。
産地ー米国東部。特に北部及び五大湖沿岸州。
色調ー辺材は通常かなり幅広く、乳白色。心材は辺材から段階的に濃くなり薄褐色から紅褐色を呈す。
性質ー軽軟な材で、一般に強度は低い。加工性に優れ、表面は滑らかに仕上がる。乾燥は速く、収縮率は大きいが、乾燥後は安定性が高い。辺材は虫害を受けやすいが、浸透性が高く、防腐処理は容易。
用途ー彫刻、モールデング材として最適。その他、家具、内装材、楽器材など。特筆すべき用途としてはベネチアンブラインドに用いられる。
加藤からの一言ー加工もしやすくて、色も白くて、嫌いじゃない。では好きか?と聞かれても「ん〜」となる感じのオールラウンダー的な存在。

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

シナノキ


科目ーシナノキ科シナノキ属の落葉広葉樹。散孔材
産地ー北海道、本州、四国、九州に分布。蓄積量の大部分は北海道が占める。高さ20mに達し、大径木になる。
色調ー辺心材の境界はやや不明瞭で、一般に辺材の幅は広く淡い黄白色、心材は淡い黄褐色を呈す。年輪は不明瞭である。樹皮は、粗厚で暗灰色をしている。
性質ー木質は軽軟で均質。木肌は緻密で表面仕上がりは良好。材の保存性は低い。切削などの加工性はよいが、木材中に含まれる糖のため、尿素樹脂接着剤による場合は接着不良を起こす。
用途ー器具材、彫刻材、ベニヤ板、鉛筆材、マッチの軸木など。ラワンやメランチの合板が市場に出回る以前は、北海道産のシナ合板が多量に市場に出ていた
。の木と書くのは当て字。欧米では、リンデンと呼ばれ、街路樹として親しまれている菩提樹 (西洋科樹)と同類また、類似種にアオシナと呼ばれる大葉菩提樹(オオバボダイジュ)があるが、シナノキに比べ一般に径が小さく、材の色は白い。 花や果実は薬用に、皮は麻布や縄の代用とし、また製紙原料として使われる。ヘラノキとも言う。
加藤からの一言ーKATOMOKUでは、ベニヤにこの木が用いられる。長野にもシナノキってよく生えてるけどベニヤ屋さんって日本は、みんな北海道。なぜかというと、夏と冬の寒暖差の激しい日本では、夏に木が育ちすぎるため、ベニヤを作るための密な質の良い木がなかったから、北海道にベニヤ屋さんはあるんだってさ!

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

ヒバ


 科目ーヒノキ科 Chamaecyparis 属の針葉樹。
産地ーアラスカからオレゴンにかけての太平洋岸
色調ー辺材は白から黄白色で狭く、心材は淡い黄色で長期間経つと濃くなる。年輪幅は狭いものが多い。
性質ー木理は通直で、年輪幅は均一である。肌目は中程度からやや緻密。加工性や材の安定性、腐朽性に優れる。
用途ー建築材、内装材、船舶材、木型、楽器材など。わが国ではヒバの代用として使われる。材には特有の臭気があり、生材の時には強い。
加藤からの一言ーその香りが青森ヒバによく似ているので米ヒバと呼んでいるが、ヒバの類ではなくヒノキの類である。また、ヒノキチオールに類似した物質が含まれているため耐腐朽性に優れシロアリに対しても抵抗力を持つ。この木を研磨した時の匂いがちょっと特有なので、従業員さんに嫌がられる。

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です

スギ Japanese cedar


 
科目ースギ科スギ属の常緑針葉樹
産地ー日本特産の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育する。人工植栽は北海道南部にまで及び、その量は第一位である。
色調ー辺心材の境界は明瞭で、辺材は白色、心材は淡紅色から赤褐色、時に黒褐色を帯びる。
性質ー材はやや軽軟で、比較的狂いは少なく、切削などの加工は容易。耐水性にやや劣る。木目に沿って縦に割れやすい。
用途ー建築用材として最も多く用いられる。
加藤からの一言ーなんとかこの木の間伐材を使ったプロダクトを増やしたいと思う、けれど、間伐材は、やはり間伐材(節だらけ)。間伐材とうたっても、やはり、皆さんが喜んでくれるものを作るというのは難しい。今後の課題です。

日本製、電波木製掛け時計の加藤木工です


 coming soon...

まとめると・・・(あくまでも加藤の個人的感想です)

加藤木工では、主に外材(外国材)を使っております。よく、せっかく日本のものづくりをしているのだから、「クオリティーの高い国産材を使ったら」と言われることがあります。「日本=高品質」というイメージがあるのは、わかっております。しかしながら、日本の山を見てみてください。手の加わってない、山ばかりではないでしょうか?なので、当社では外材を中心に使っております。確かに我々も積極的に、国産材を使っていかないと、なかなか日本の山を変えることはできないとは思いますが、小さな力が合わさらないと日本の山を変えることはできないとは、わかっているつもりですが、当社では、今、少しでも高品質商品を提供するために、外材を使っております。
いつかは、少しずつコースターだけではなく、商品を増やしていけたらと思っております。少しずつ日本の山に貢献できたらと思っています。